オリゴ糖情報:トップ > 天然オリゴ糖と合成オリゴ糖
天然オリゴ糖と合成オリゴ糖はどのような違いがあるのでしょうか。
日本一選ばれているウワサのオリゴ糖とは?→毎日スッキリな生活!!

天然オリゴ糖と合成オリゴ糖

オリゴ糖は、原料によって種類が分かれています。

さとうきびを原料とするフラクトオリゴ糖、

大豆ホエーを原料とする大豆オリゴ糖、

乳糖を原料とするガラクトオリゴ糖、他、

ビートオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、乳化オリゴ糖、

ラフィノース、パラチノース、ラクチュロース等の様々な種類があります。

 

オリゴ糖は、その種類によってビフィズス菌増加の度合いが違ってきます。

もとから食品に含まれる天然オリゴ糖のほかにも、

開発によって生み出された合成オリゴ糖があるのですが、

数あるオリゴ糖のなかでもラフィノースと呼ばれる、

国内では北海道でしか栽培されていない砂糖大根を

原材料とするオリゴ糖と、大豆オリゴ糖だけが天然といえるそう。

98~100%ピュアな天然のオリゴ糖から、

オリゴ糖の含有率の低い格安のものまで、

オリゴ糖製品は様々な種類がありますが、

腸内環境改善や便秘解消効果をちゃんと効果を出したいと望む人なら、

また特に健康状態に注意が必要な、妊娠中のおかあさんや赤ちゃん、

お子さんなら、効果があって、保存料や添加物を含まない

安心な天然のオリゴ糖製品を摂取したほうがよいようです。

 

オリゴ糖製品は、さっと液体にとける細かい粉末のスティックタイプや、

袋入りの種類のほうが、飲み物やスープ、煮物など

フレキシブルに使えるので人気があるようです。

市販の格安なものは技術やコスト的に純度を高める事が

難しいので液状の製品になっています。

毎日摂取するものですから、

どうせなら効果が期待できる良質なオリゴ糖の

種類を見極めて選びたいものです。



カイテキオリゴ
IT用語