オリゴ糖情報:トップ > オリゴ糖の種類
オリゴ糖とひとくちで言っても、いろいろな種類があります。たとえば合成なのか天然なのか。あるいは天然だとしても材料がビートなのかそれ以外なのか…。
日本一選ばれているウワサのオリゴ糖とは?→毎日スッキリな生活!!

オリゴ糖の種類

一口にオリゴ糖と言っても様々な種類があります。

例えば下記のようなものが有名です。

 

イソマルオリゴ糖

甘味度が砂糖の約50%のオリゴ糖です。

大豆、蜂蜜、味噌、しょうゆ、清酒などに含まれ、

調理に利用するとうまみやコクを与えるといわれています。

 

ガラクトオリゴ糖

複数のガラクトース(乳汁に含まれている乳糖の構成成分)が

結合している、甘味度が砂糖の約40%のオリゴ糖です。

ガラクトオリゴ糖は、母乳に含まれています。

キシロオリゴ糖

複数のキシロースと呼ばれる天然の添加物が結合している、

甘味度が砂糖の約30%のオリゴ糖です。

カロリーは砂糖の約半分です。

 

コーヒー豆オリゴ糖

コーヒー豆オリゴ糖は、コーヒー豆から抽出されるオリゴ糖です。

内臓脂肪や皮下脂肪などの体脂肪を燃焼するといわれています。

 

大豆オリゴ糖

大豆に含まれていて、大豆から、精製されて作られるオリゴ糖です。

甘味度は砂糖の約70%。カロリーは砂糖の約半分です。

 

ニグロオリゴ糖

デンプンに酵素を作用させて作られる、

甘味度が砂糖の約40%のオリゴ糖です。

清酒、蜂蜜、みりんなどに含まれています。

食品などに利用することでコクを与えるといわれています。

 

乳果オリゴ糖

牛乳の中に含まれる乳糖とサトウキビに含まれる

ショ糖を結合したもので、甘味度が砂糖の約60%のオリゴ糖です。

別名ミルクオリゴ糖、ラクチュロース、ラクトスクロースとも呼びます。

 

ビートオリゴ糖

ビート(甜菜、または砂糖大根とも呼ばれる)から精製・抽出された

天然オリゴ糖です。甘味度は砂糖の約20%で、

植物界に広く存在し、アトピーに良いとされています。

 

フラクトオリゴ糖

ショ糖に複数の果糖が結合したもので、

甘味度が砂糖の約60%といわれているオリゴ糖です。

アスパラガス、にんにく、たまねぎ、

ゴボウなどの野菜や、蜂蜜に含まれています。

カイテキオリゴ
IT用語